街づくり夢基金 このサイトについて お問い合わせ
Index

2011年度(第9回) 助成団体のご報告

福祉コミュニティ分野
それぞれの居場所実行委員会
申込案件: 映画「ただ今それぞれの居場所」と講演からケアを考える・学ぶ
決定額:211,030円
はまでら4つの「や」図書館
申込案件: 地域に密着した図書館活動を通じて読解力、創造力豊かな心を育む
決定額:150,000円
http://4noya.com/
特定非営利法人 ぴーす
申込案件: 知って・感じて!障がいのある人たちの 独特な世界『感覚』
決定額:290,000円
http://sakai-comcom.net/p-s/
arch
申込案件: 児童養護施設等で生活する児童らへの学習・進学支援事業
決定額:300,000円
http://arch0417.blog94.fc2.com/
特定非営利法人自立生活支援センターやお
申込案件: 点字メニューの普及から始まるバリアフリーの飲食店と街づくり
決定額:148,970円
http://www.geocities.jp/cilyao2001/
環境分野
NPO法人 おひさまネットワーク
申込案件: グリーン電力証書の譲渡益で市民おひさま発電所を設置する事業
決定額:300,000円
http://www.ohisamanet-jp.org/
あまがさき菜の花プロジェクト
申込案件: 遊休地活用で繋がり再生〜食育と障害者・求職者の仕事作り
決定額:100,000円

第9回助成事業の助成先団体が決定しました

1.街づくり夢基金は8月1日〜31日を第9回助成事業の応募期間と設定し、近畿圏より26団体の申請を受け付けました。

 9月初めに市民活動の経験豊富な方を一次選考委員とし書類審査の上14団体を第二次選考へのエントリー団体に選出しました。
 10月初旬にエントリー団体と選考委員の面接を行いました。この後一団体から事辞退の申し入れがありました。

2.10月30日第二次公開選考会を約70名の参加で行いました。

 エントリーされた12団体(当日1団体欠席のため棄権)が4分間のプレゼンテーションを行い、選考委員からの質問に答えました。当日は第一次選考委員が各分野ごとに9点の持ち点、第二次選考委員(市民活動経験豊かな方5名と街づくり夢基金へ拠出する市民10名)が各分野ごとに3点の持ち点で投票します。また別枠として「来場者投票」を設定し、来場者1人2票(同一団体への投票,一団体のみの投票は無効)で行い全分野で上位二団体に5点を加点しました。

3.街づくり夢基金は第9回助成事業の申請から受付、最終審査まで終始活動団体への応援となることを意識して取り組んでいます。

 そのため申請書提出前相談にも応じています。第一次選考でエントリーされなかった団体には簡単なコメントを付けて通知しています。
 エントリー団体との面接では申請内容と募集要項の整合性のすり合わせと共にプレゼンテーションへのアドバイスを行いました。
 街づくり夢基金は拠出する市民10名が第二次選考委員を務めるのはお金を拠出する人も活用する人も共に市民であるという関係性を活かすためです。後日拠出者が活動現場を訪問することがありますがこれは最大の応援です。拠出者が「私のお金がどのように使われているか」を知る良い機会となります。

4.街づくり夢基金では第10回への準備を進めています。

 この基金のより一層の充実を図るため「あなたからの寄付金」を待っています。
 当ホームページの銀行口座への振り込みをお願い致します。申請される方は時々覗いてください。

Printer Friendly Page Send this Story to a Friend
(c) 2004  街づくり夢基金(yumekikin@yumekikin.com) All rights reserved.