街づくり夢基金 このサイトについて お問い合わせ
Index

街づくり夢基金の助成事業規定

(主旨)

第1条 この助成事業規定は、街づくり夢基金規約の第3条により行う街づくり夢基金(以下、この会という)による助成事業に関し、必要な事項を定めます。

(助 成)

第2条 毎年6月20日までの拠出金及び賛助金と寄付金その他を財源に、多様な街づくりを実現させることを目的として、必要な資金の助成を行います。

(助成対象)

第3条 この会の助成事業は、以下の事業・活動に対し行います。
(1)地域で行う福祉に関連する事業および活動
(2)地域で行う環境に関連する事業および活動
(3)地域で行う食と農に関連する事業および活動
(4)地域で行うコミュニティづくりの事業および活動

(助成申請者の資格)

第4条 申請者は、地域で街づくりを目的とする団体・グループです。

(助成の募集要項)

第5条 運営委員会は、毎年7月にその年度の助成金総額と分野毎の上限額、および募集内容・方法を公示します。
2 運営委員会は、毎年7月に募集説明会を開きます。

(助成の募集受付方法)

第6条 募集受付期間は毎年8月とし、年1回とします。
2 募集対象を、その年度の8月1日から翌年7月31日までに実施する事業および活動とします。
3 募集は分野ごとの事業及び活動の区分で行い、それぞれ次の申請書類をもって受理します。
(1)新規事業または新規活動は
  ?1年間の事業計画書と資金計画書または活動計画書と費用計画書
  ?支援金の使用目的
  ?付属資料として事業または活動目的の説明。すでに実施している場合は、実績報告書か実施報告書または活動の記録か実施報告書。
(2)継続事業または継続活動は
  ?過去1年間の事業報告書または活動の記録。
  ?以降1年間の事業計画書と資金計画書または活動計画書と費用計画書
  ?支援金の使用目的
  ?付属資料として事業または活動目的の説明。

(選考の方法)

第7条 選考委員会は選考にあたり、書類審査や直接訪問・ヒヤリング等で公正に審査をします

(選考の基準)

第8条 選考審査は毎年9月から10月の期間に行います。
2 選考にあたり、先駆性・必要度・緊急度・実現性・継続性の高い取り組みを優先します。
3 基金総額及び賛助金と寄付金の総額より助成総額が下回った時は、次年度に繰り越しします。

(選考の発表)

第9条 採用あるいは不採用に関わらず申請者全員に通知します。また、総会において、申請と選考結果全体を報告します。

(助成金の支払い)

第10条 助成金の支払いは、助成が決定した申請者とこの会との間に契約書を締結し、契約書に基づいて支払います。
2 助成決定額よりも実際の金額が下回った時は、実際の金額を助成します。
3 助成決定にも関わらず、申請者が対象期間に使用目的とした事業および活動を実施しなかった時は、支払いを停止します。また、すでに支払われた助成金は、全額返還を求めます。

(助成事業および活動の報告会)

第11条 助成を受けた事業(者)および活動(者)は、報告集会に参加し報告しなければなりません。

付則

1 この規定は2003年11月29日から施行します。
2 第2条に関わりなく、2003年度の助成事業は、2004年3月20日までの拠出金および賛助金 その他を財源に実施します。
3 第2条に関わりなく、2004年度の助成事業は、2004年9月20日までの拠出金および賛助金 その他を財源に実施します。
4 2004年10月30日 一部改正しました。

Printer Friendly Page Send this Story to a Friend
(c) 2004  街づくり夢基金(yumekikin@yumekikin.com) All rights reserved.